2009年02月27日

確定申告

 本日都内はみぞれまじりの雪だった。
 そんななか税務署に行って、前年度分の確定申告をしてきた。

 記入事項はもう慣れてきたので以外に簡単に書けた。
 悪天候の為、人も少なく絶好の税務署日和だったが、提出場所にいた税務署男性職員に違和感を感じた。なぜならば、あのやる気の無さと言葉使いは、一般的な社会ではあっという間にクレームを貰うだろう。

 提出しに行くと、先ず一つため息。その後「おい!ちょっと!」とスタッフを「おい!」と呼んで「これじゃ出せないからやり直させて」と私の目の前でいうのだ。しかも初対面の人に向かって「させて」とは恐れ入った。
 「そうか何か記入漏れがあったのか」と思っていたら、職員男性が「あっち行って書き直して!」だと。
 そうですかと潔く書き直そうとスタッフに連れら書き直し場所へ。するともう1人スタッフが来て2人で「正しく書いているよね?」とこそこそと話しているのだ。
 どうしますか?と私が話しかけると、2人のスタッフが「申し訳ございません、間違っているところが無いのですが・・・」と。なんだそういうことかと察し「機嫌次第じゃスタッフも大変ね」と話しかけると「すみません。少し経ってからまた提出しに・・」とのことだった。
 
 人間だから感情の浮き沈みがあって当然だが、周りの人間までもを巻き込むというのは何ともお粗末だ。
 しかも天下の税務署職員がだ。
 
 昨年、税務署職員が架空の口座へ還付金を振り込んで我々の血税を騙し取っていたというニュースがあったが、あながち珍しい話ではないのかもしれない。
 今回の提出場所職員の自己中心的な行動を見て、そう思ってしまった。 
 
 日本はここまで落ちぶれたのか。
posted by 青山整体GEN流院 at 17:46 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

行ってきました

 天候は良くなかったものの、丁度雨が止んだのでいつものお寺に行ってきた。

 最近線香が細かくばら売りになってしまったので、大変燃えやすく、いつも書いているようだが今回もあっという間に燃え尽きてしまった。

 写真は火を付けてから20秒後くらい。

 これをもって、皆様の健康と運気向上を祈っているのである。

 
kokdkofkkfokdfos.jpg
posted by 青山整体GEN流院 at 21:21 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日の

 今日の東京は午後から雨の予定。最近恒例のお寺参りをしていなかったので、今日辺りを考えていたが、雨となると中止になる。

 知らない方たちの為にご説明するが、私は定期的に患者さんの健康と繁栄を願い、お寺に参るのだ。これは初公開かもしれないが、私が診ている患者さんの名前を全て心の中でつぶやく事にしている。
 当然、1回こっきりの患者さんも抜かす事はない。それが私の中の仕来りであり、破ってはいけないルールだ。
 
 という事で、時間があればまたその際の写真をアップしようと思っている。

posted by 青山整体GEN流院 at 07:17 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

遠まわしな事を

 麻生総理がホワイトハウスを訪問し、オバマ大統領から日米の関係を強調された。
 ついでに、宇宙飛行士に日本人が2人候補者として選抜されたらしい。今後NASAにて訓練をして、国際宇宙ステーションに長期滞在になる可能性がある。

 先日は映画の分野でも「おくりびと」「つみきのいえ」と日本人監督にオスカーを授与させた。
(そもそもアカデミー賞は、授賞式前年の1年間にアメリカ国内の特定地域で公開された作品を対象に選考され、また映画産業全般に関連した業績に対して授与される)

 無論芸術の分野に、政治的な背景が入り込んではいけないのだが、どうもこの異常な円高と、日本びいきの世界の流れが行き過ぎなので、特にアメリカのメッセージは「日本よ、お金をアメリカに沢山流しなさい。国債を沢山買いなさい」と誘導されているように見えてしまうのだ。

 ノーベル賞もか・・?

 日本がアメリカの国債ステーションにならないことを祈るばかりだ。

posted by 青山整体GEN流院 at 17:08 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

頂きました

 先日患者様よりアーモンドを頂きました。
 それが単なるアーモンドではなくて、写真のように殻付きのアーモンド。
 
 通常は殻がない状態で売っていますが、殻付きは余計な塩分がないぶん、甘くてアーモンドの味が濃くとても美味しく頂きました。

 実のところ、これがここ最近の夜ご飯でして、これで結構腹持ちが良いのです。
 リスになった気分ですが、ひまわりの種なども同様にかなり腹持ちが良かったです。 
 
 これ、結構必要な事で、絶食まではできなと言う人にはおすすめです。いろいろな身体の変化を感じることができます。

 続けなければハッキリというまでには行きませんが、少なくとも3日で感情の起伏が落ち着き始めます。
 取っ掛かりとしてはおすすめです。

 
fmskd.jpg

 
posted by 青山整体GEN流院 at 01:16 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の日課

 最近は特にアンティーク家具が好きで、展示会場などに行くと一日中でもいられるのだ。

 中でもソファーや椅子がたまらなく好きで、座っているだけで魂が昂り、恐ろしい程の発想が湧き出てくるのだ。
 そうなるとたいてい体の中から湧き出るエネルギーを感じることができ、手のひらや足の裏から水蒸気が出てくるみたいだ。汗とは又違う感じを受ける。

 先日気が付いたのだが、床がガラス面の上にあるアンティーク椅子(気に入ったやつ)に座り、いつものように魂が昂りだした。すると革靴を履いているはずなのに、くっきりと足の形に添って曇っているのである。それも両足だ。
 
 何か普段では出来ない事が可能になり、何でも出来てしまう精神状態に陥るわけなのだ。

 フレスコ画、クラシック音楽、アンティークソファーがあれば、私は空でも飛べてしまう気がする。
 
 残念な事にまだ自分の椅子は所有していないのだが、将来売れっ子カイロプラクターになったら、コレクターになりうる資質を持ってる。
 
 何故ならばインターネット等でアンティーク商品を見始めると、夜20時〜翌5時までトイレ以外行かずに画面に張り付いているからだ。だからそんなときは1時間位しか寝ない。でもそこには満たされている自分がいる。

posted by 青山整体GEN流院 at 00:22 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

当たり前がアタリマエ?

 先日いらした患者さんで、関節が痛むのは歳のせいだと病院でいわれたとのことで「治らないのでしょ?」と私に言うのだ。

 その方が、治っても治らなくても私自身の人生に支障はないのだが、治ることを考えずして、一体どうやってこれから先上向きの人生を送る事ができようか。

 これに関しては、お医者さんは発言に注意する必要があると思うのだ。
 
 というのも、レントゲンを見て症状を診断するのは医者の仕事、これは当然の話だが、その診ている体には人生があるのだ。
 もう治らないという診断がまかり通るのは、なんとも情けない実情である。
 無論、科学の限界を超えたことならば、いたしかたないことかもしれないが、相手は関節である。逆にそう診断した先生のスケールの大きさに感服してしまいそうだ。

 
 一応に当たり前になっていることを考え直すべきだ。
 「風邪をひくのは気がゆるんでいる」「左右対称の顔をした人はいない」「2本足の左右差があるのは当然だ」「膝痛、腰痛は歳のせい。長年使っているから仕方が無い」そんな当たり前がいつからか定説になっている事を、素直に受け入れるには、あまりにも皆さんイサギが良すぎはしないだろうか。

 こういった「当たり前でよくあること」という意識は非常に注意が必要だ。
 その当たり前の中に医者から貰う薬もある。風邪を引けば薬を貰うのは当然当たり前のこと。関節が痛くて湿布を貰うのは当たり前のこと。
  
 すべてはその当たり前に疑問を持たなければ何も現状は変わることがないのだ。
 例えば、先日の患者さんは「関節が痛いのは歳のせい」という診断に疑問を抱かなければ、きっとそのままの人生を送り「私は関節が悪くて」と、おそらく痴呆になってまでも忘れずに言うのだ。
 
 結局その方は先日施術後すぐに痛みは無くなった。

 これで痴呆になっても「私の関節は先生に治してもらった」と言ってくれるだろうか。

 今朝の朝ズバ(個人的に好きな番組)でこれからの時期、特に3月から日本の自殺者数が増加し、ここのところの不況を考慮すると、今年は酷いことになると特集されていた。
 
 カウンセラーを紹介したり、精神科、心療内科に行くのも定説だが、これではどこか自殺の根本から目をそむけているように思えるのだ。
 「現代社会は複雑で忙しいから種々の原因が自殺者の背景にはある」とでも言っておけば聞こえはいいのだろうが、それはつまり解決法が見当たらないと言っているに等しいことだ。
 では何で解決するか?当たり前の定説ならば、精神の病気だから、病院で薬等で治療してもらうということになるのだが、残念ながら当院の患者さんを診ていて、病院の治療方法で完全に治った精神病患者は少なく思える。

 

 かの有名な元財務相中川氏も風邪薬を飲んでいたようだが、何故風邪薬を飲むのかという行為に疑問を持たず、風邪っぽいから薬を飲むという当たり前の行動を見直すことが必要だと思うのだ。
 
 ちなみに当院の患者さんは軽い風邪であれば1〜2日程度で症状は治まるし、速い人では半日後に発熱の過程を解消し治癒に向かう。
 薬など飲めば治癒過程が長引く。

 当たり前のことが当たり前の世の中に、皆さんは生きていて楽しいだろうか?どうせ私が海賊をやるなら、どこかに金銀財宝の眠る島があると信じ続けるだろう。
 今の日本は宝島は無いと信じ、海辺をさまよう亡霊船だ。宝島を夢見て乗船した人ならば、死ぬしか航海をやめる方法はないのである。

 そんな渦中で、右に向かう左に向かうと舵取を奪い合っても何も変わらない。民主党の方向に一度舵を任せるか?それでも自殺者は減らないだろう。
 
 「さぁみんな、宝島を目指そう!」そう言って行く道を指差し、船員を勇気付け、可能性に満ちた船長を私は望む。そこに当たり前などいらないのだ。

 これが私の自殺者を減らすマニフェストである。

posted by 青山整体GEN流院 at 01:39 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

雨のちくもり?

 今日の都内は雪がちらつく可能性もあるとかで、再び楽しみにしていたが結局雨でした。

 実のところ、雨の日はキャンセル率が高く、あまり歓迎されたお天気ではないが、雨が降ると湿気があって心地が良い。
 
 なので、今日は寝る一日になるかと思いきや、意外に大目の予約。新規の方も数名いらっしゃった。
 
 新規とはいっても、紹介なので皆さん馴染みがはやいのです。
 おそらく街中であったら声を掛けてくれるような感じ。

 ふだんなかなか予約が取れない方は「雨の日に急に連絡すべし」これが当院の鉄則である。

posted by 青山整体GEN流院 at 18:18 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

話題の人

 中川前財務相が批判を浴びるなか、あえて批判を浴びる事を承知の上で私は「彼は良くやった」という言葉を捧げたいと思う。
 
 とそれ以前にお断りとして、今の私は酔っ払っている。

 確かに世間でいう「日本のみっともない恥をさらした」という事実に変わりはないが、彼の図太さは天下一品だと思うのだ。
 財務相にとってG7とは一大イベントであり、素人の我々でもわかるほど重要な会議だ。そこで要人でもあろうお方がお酒を飲めるのだ。
 私もお酒は大好きで、飲ませば何でも喋るというお得な人間だが、こういった一大イベントではなかなか飲めるものではない。
 
 歴史的な有能な人物を見ても「そこで飲んじゃうの?」という程の一見世間の視線を無視した人物が沢山いる。 
 例えば先日DVDを借りて見た「アマデウス」つまりヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの生涯を再現した映画である。
 その中でもモーツァルトは酒にまみれた人物であったことが伺えるのだ。

 私自信もそうだが、酒を飲むと自分に正直になれる分、余計な雑念が取っ払われて、治療も上手くいく。特に背骨の変位など、手を使うまでに到らずともお酒を飲んでいれば簡単に可能であるのだ。
 
 このことからするとモーツァルトの天才的な作曲は、酒あらずしては無かったものなのだと勝手に解釈している。 
 こじつけだが外国のお酒で「スピリット」という名前のお酒がある。日本語でいうと「魂」であるが、名付け親は知ってか知らずか、お酒によって魂に触れることができるのだ。
 
 なんの話だったか・・・。そう、中川財務相は場とタイミングを間違わなければ良い仕事ができたかもしれない惜しい人物なのだ。確かにモーツァルトとまではいかないかもしれないが、アレだけの仕事をした人物なのだから、必要な材料だったのかもしれない。
 
 もし中川氏が後世で語り継がれる政策を残したとしたら、今の評価は逆転するかもしれない。
 
 ゴッホもピカソもその時代には評価されなかったのだ。
 
 一杯お水を飲んで。

 日経平均の下げによる被害者には誠に読みがたい内容であったかもしれない。いや一般人にも。
 ただ、彼はもう辞めたのだ。もし皆さんに武士道精神の欠片が残っているのなら、もう許してやってはくれないか。彼は既に背を向けたのだから。

 追伸
 中川前財務相様、もし機会があれば恵比寿のカイロプラクティックオフィスまでどうぞ。鬱の兆候ですか?

posted by 青山整体GEN流院 at 03:21 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

日本経済(北海道)

 先日、中川財務金融担当相が辞任を表明した。日経平均が本日も100円あまり値を下げ、再び7500円を割る勢いだ。
 
 特に一国の金融トップの危機感のなさは、少なからずとも、この株安と円安には影響が出ているようだ。

 特に中川氏は衆院北海道十勝選出の方だ。これは道と中央の大きな橋渡し役として動いていた訳だが、今後の北海道経済は更なる厳しさをこうむる事になる。
今日も自民の後藤田氏が実質上、麻生総理の退陣を求め、後継首相の候補者として、石破農相、野田消費者相を挙げた。

 今の日本は難しいことを求めているのではない。やっている事や、使っている言葉が難しいだけで、デキタ小学生に任せたほうが、まだ健全な政局運営が出来るのではないか。
 だから政治に政治家はいらない。政治家の適職は評論家だ。

 人間の根本にある習性を理解していない。小学生でも野球で遊ぶ人数を集めたり、その場をまとまらせる方法を知っている。
 
 それが、優秀な学歴を持った政治家が出来ていないのだ。とっても簡単な事なのに難しいのだろう。
 

 それに比べてゴルフの石川 遼の方がまだ人間の習性を良く知っている。
 
 
posted by 青山整体GEN流院 at 17:16 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。