2009年08月31日

言葉の立ち位置

 「言葉は重要である」というと、皆さんは「その通り」と答えるだろうが、果たしてそれがどれだけの重要性を持っているのか、試した事はあるだろうか?

 私は、患者さんと接する上で、人をタイプ別に分類することがある。そのタイプとは絶対ではないのだが、大きく分けて8種類程度。その中の一つに、施術後に「ハイ良くなりますよ」と言ってあげなくては良くならないタイプがいる。

 これはとても面白い傾向だ。というのも、全く同じ施術をしていても、最後の一言がなくては効果が100か0かなのだ。

 

 先日、国政選挙にて、自民党が歴史的な敗退をしたが、当選した候補者や落選した候補者のコメントで、私はとても気になる一言があった。

 皆さんの中にも、TV等を見聞きして「どうもしっくりこない」と感じた人がおられるのではないだろうか?

 それとも私の価値観がおかしいのか?

 そのしっくりこなかった言葉とは「逆風」「追い風」である。
 
 「普通じゃない?」とお思いの方は以後あまり身になる話しにならないと思う。
 
 よく考えてみて欲しい。国政選挙というものは、言わずと知れた「国民の声を代表する議員を選出するもの」である。つまりは主導は国民にあり、国民の目線で物事を公の場で述べるべきだと思うのだ。

 だとしたら「逆風」というのは誰に対して逆風と表現しているのか。そう、票が伸びなかった「自分」つまり「候補者」にとっての表現だ。

 仮に「後援者にとっての」とか「投票してくれた方々にとっては」ということならば話はわかるが、私が見聞きした報道のなかでは、誰一人として「後援者や投票して下さった方々にとっては」という語句は付いておらず、皆「自民党にとっての逆風が予想以上に強く」と連呼していたように記憶している。

 これは民主主義国家として大変な発言だと思わないか?

 国政選挙が「国民」中心ではなく「党」が中心の位置づけになっているのだ。これは、私の個人的な意見では「失言である」と思う。
 
 だから、私は国民主導型の政治になれない言葉は、早急に無くすべきだと思う。

 先ずは言葉から気持ちを変えて、気持ちから態度を変えて、態度から日本の政治を変えて欲しいと願っているのだ。

 日本の政治は変わったが、気持ちはないし、態度は人としてどうも・・・という国は滅びる気がしないか?

 頭の良い政治家さんたちが、それに気がつかないのだから、もしかしたら私の価値観がおかしいのかも知れない。

 しかし、何度聞いてもTVの前で、知らず知らずに首が斜めに傾いて、目をパチパチさせている自分がいるのだ。私が変なのかなぁ・・・・。

 そう考えるとまた首が傾きだす。

posted by 青山整体GEN流院 at 13:47 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

選挙

 今日は衆議院選挙だ。私も早速行ってくる。
 
 今回は池袋で最後の民主、自民の一騎討ちがあったようだが、自民の「責任力」を掲げた選挙もなんだかしっくりこない。そもそも責任力の無さがここまでの選挙戦を苦戦に導いたのではないか?

 それに比べて、民主は「新しい政治」だそうだ。しかし「新しい政治って一体・・・」というのが有権者の本音であろう。

 ともかく、私は基本的に刺激の少ない人生はあまり好みではない。

 両党とも「ありがとう」と皆が感謝のできる政治をやってほしいものだ。
 
 余計な御世話だが、戦後最悪の景気悪化を、自民の恒久的な政策で、ここまで上向きに変えたということを言われる同党の方がおられる。
 それなら、67%の稀に見る高投票率の小泉政策を、恒久的に最後まで貫きとおさなかった、自民の姿勢には、いささか矛盾点ばかりが残ってしまったところだ。
 良し悪しは別として、不変の哲学を持った政治を推し進めることを祈るばかりだ。


20090829-00000576-san-pol-thum-000-small.jpg













20090829-00000039-jijp-pol-thum-000-small.jpg 
posted by 青山整体GEN流院 at 06:19 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

東京に来て

 私はもともと北海道育ちであり、東京に来たのは四捨五入をして約6年前。

 すっかり東京に慣れてしまったせいか、北海道の地名を聞いても全く地理感覚が無くなってきている。

 最近、テレビ番組やドラマを見ていると、撮影場所の背景で、都内のどこなのかがわかってしまうのは、まさに東京人と化してしまった現れであろう。

 最近のマイブームの中で、「東京の歴史探索」もある。
 歴史といっても、江戸時代の地図を入手して、それに沿って都内を散歩するのだ。特に河川は面影を残し、目印として役立つ。(地下に埋まってしまっている川もあるが)

 武家屋敷の探索は面白い。というのも、そのほとんどが豪邸及び高級マンションになっているのだ。

 そんなところで、少し腰を下ろし、紅茶でも飲みながら、目に映る以外のものを感じる。不審者ではあるが、これが私にとってたまらなく贅沢な時間なのだ。


asano.jpg  
  
posted by 青山整体GEN流院 at 20:50 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

今日の出来事

 本日初めて入らした方が、とても素晴らしい哲学を持った女性歌手であった。
 
 何故その方が素晴らしい哲学を持った人かというのは、なかなか言葉に出来ることではないが「そんな感じがした」といったところであろうか。

 決して大げさに言っているのではない。

 私も是非聴きに行きたいが、残念ながら既に予約が入っている為に無理そうだ。

 もしご興味があれば、是非魂の歌声を聞きに行って欲しいものだ。その際は、私にご連絡を頂ければ、チケットの手配をいたします。

http://www.hagiwarakaori.com/


img144.jpg













img145.jpg

posted by 青山整体GEN流院 at 23:20 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

焼肉

 先日は久しぶりに「焼き肉」を食した。

 やはりこの手のものは、たまに食べると美味しい。

 写真にある「TORAJI(トラジ)」は、ミドルクラスの焼き肉店であるが、恵比寿に本店があり、たまに行く事がある。

 ちょっと遠いが、東京ディズニーリゾートのある舞浜イクスピアリ店は、この店舗の支店の中でも、唯一食べ放題がメニューが用意されているところだ。

 焼肉は体に悪いという人がよくいるが、逆に悪いものを全く摂取しない生活も体に悪い気がする。
 
 というのも、このご時世に全く害の無い食生活など無理な話だ。それどころか、環境ホルモンを含め、外部環境すらそうなっている。

 そんな中で、害から一切逃れて生活していては、ひとたび毒物が体内に入ると大変な症状を出す。

 そういう意味では、新型インフルエンザも同じ事が言える。

 普段定期的に風邪を引いていない人が、急に強烈な風邪を引くと、免疫機能が確立されるまでに時間が掛る。

 勿論、悪いものは悪いという前提での話であるが。


CIMG1863dasda.jpg
posted by 青山整体GEN流院 at 12:55 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

顔で

 顔によって特定の背骨を整えることができる。
 
 下の写真は怪し気ではあるが、一応それに相対する部位である。

 勿論、頭蓋骨ともなればもっと簡単に整えることは可能だが、それとこれとは別にして考える。

 写真は丁度背骨を後ろから見たイラストだ。だから顔の一部を押せば、それに関連する背骨も治る。

 それだけのこと。

 だから態々背骨やらあちらこちらを小難しく触らなくても、ギックリ腰位なら、改善させることは可能なのだ。

 学問的、理論的には良く分からない。ただ治る。

 だから変な理論固めした方法より、とてもシンプルで効率的である。
 
 だが、効果が不十分な方もいる。そういった人は理屈主義の方が多い。
 
 では神経生理学的にと説明をしだすと、あまり聞いていない。だから徹底して知りたい訳でもないようだ。

 一体どこまで知りたいのか。

 これが人間の難しいところでわがままなところでる。
 

CIMG1883fjief.jpg 
posted by 青山整体GEN流院 at 20:44 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の教会

 私は、基本的に信仰心たるものはない。よって、神が一人だと尊重する各々の考え方にはあまり興味はない。

 しかし、それぞれの宗教建造物にはとても興味がある。
 例えば「お寺」や「教会」がそれにあたる。

 自宅のすぐ近くに素晴らしい教会を見つけた。今度是非行ってみたいものだ。

 当オフィスには、アメリカで生活をしていた方々が多い。
 その一人が「日本の教会を海外の教会と同じ感覚で訪れたら、ひどい目に合った」と仰っていた。

 その理由は「その後必要に毎週来るようにお誘いが来る」という事だった。

 何度もここの日記でも述べている様に、特殊な例を除いては、精神の自由を奪う事はよくない。

 
week_img01_001.jpg
posted by 青山整体GEN流院 at 02:49 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

くまのプーさん

 私は、ネットで借りてポストへ投函返却をする「ぽすれん」の借り放題をしている。

 新作なんかは借りずらいが、他は普通にレンタルができて便利だ。

 当初はCSIシリーズなど、頭を使うものを借りていた。

 しかし、先日「くまのプーさん完全保存版」とジブリ作品を借りて見た。

 特に、くまのプーさんはとても素晴らしいヒントを持ったストーリーだ。
 
 ヒントと言っても、私にとってはもっぱら施術に関してなのだが、このシンプルでかつハイレベルな構成に、今まで全く気がつかなかった。

 という事で、今後しばらくは子供用のDVDを見る毎日になりそうだ。


po970711.gif
posted by 青山整体GEN流院 at 14:16 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

陰に隠れた失態

 ここのところ円高相場が多くなり、確かにテクニカル的には、週足90円割れも現実的なところである。

 一方、ダウが(ダウ・ジョーンズではなくなるかもしれない。指数を出しているインデックス部門が売却される可能性が報じられている)今年11月以来最高値をつけて今週を終了した。

 これは、確かに景気回復の証であろうが、皆さん大事なものを闇に隠されてしまったことにお気づきであろうか。

 そう、この金融危機の引き金になった、サブプライム、プライムローンだ。これについては殆どと言ってよい程、現状は回復していないようだ。
 
 つまり、未だに支払に追われている人々が多数いるわけで、サブプライムローンの階級上、プライムローンの支払滞りが気がかりだ。

 アメリカは失業率が解決していない。これはつまり支払が滞納する危険性をはらんでいるということになる。

 さすがに市場はこのネタにはトラウマを持っているから隠したいか・・・。
 何れそのつけが現れなければ良いのだが。

 心配なのは私だけか?この隠れたネタの爆発力。
posted by 青山整体GEN流院 at 18:36 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

今日の散歩

 今日は時間があったので上野公園の不忍池へ行ってきた。
 
 この季節になると、ここの池では蓮の花が咲き、池の畔の茶屋でお茶を頂きながら鑑賞できる。

 時期が終わり気味なのか、花は少なかったが、良いお散歩ができた。

 歩いている最中に、また新しい施術方法が一つひらめいた。


CIMG1875y,rps.jpg
posted by 青山整体GEN流院 at 20:04 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。