2009年11月30日

シベリア森林火災

 日本航空のパイロットが、シベリア上空をフライト中に、多くの森林火災を目撃しているという。

 それが、永久凍土を溶かし地球の温暖化を加速するとメディアが伝えている。

 原因は、人間が入り込むことによって、火災が発生するとのことだが、私的な見解ではあるが「それは見せかけの原因」ではないだろうかと思う。

 というのも、今後来るであろう穀物ショックを想定した動きではないかと思っているのだ。

 主に小麦、トウモロコシ、大豆はヘッジファンドがギャンブル商品として扱っている。

 これは、今現在起こっている金融ショックが穀物ショックを起こせることを実証している。

 特に、米に関しては続々と輸出禁止にしているか、輸出規制を強化する動きが出てきている。

 そして、ロシアはメドベージェフの指示により、シベリアを農業開拓をしているという情報を前々から得ていた。
 だから、この森林火災も田畑にするための一つの見せかけにしか過ぎないと睨んでいるのだ。
posted by 青山整体GEN流院 at 23:04| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

ちょっと贅沢を


main_image02.jpg














 本日は前々からお誘いを頂いていた、フォーシーズンズホテルのランチに行ってきた。
 
 久々に時間を空けての事だったが、非常に楽しい時間を過ごさせて頂いた。

 お料理はイタリアンであったが、量が程良く私向き。こういったゆっくりと食べられる時間は滅多にないが、こうやって人生において食という時間をゆっくり堪能する楽しみを見つけてしまった。

 今日は今年最後の静けさか。

 今の私には、もっと心を静かにして物事を観察する能力を必要としているようだ。改めよう。

 話題は違うが、今日のニュースでオバマ大統領が、アフガン増派を表明した。これも大問題の茶番劇であることから、今後のアフガン問題を注視する必要がありそうだ。
 これだけアメリカの経済情勢が崩れている中、何故必用にアフガンに拘るのか。ねぇどうして?
rest_bigimg.jpg 
 
posted by 青山整体GEN流院 at 22:58| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

田舎のインフルエンザ

 先日まで軽井沢方面にいたのだが、あちらはインフルエンザが既に流行済みだった。

 どうも「大人にはうつりずらい」習性があるようで、自分の子供が感染しても、親にはうつらないというのだ。

 ワクチン問題も深刻で、接種すべきか迷っているようだが、参考までにオバマ大統領の子供たちは、ワクチン接種をしていないらしい。

 ついでに、不妊症との因果関係が水面下で取り立たされているのも事実。どうせ「科学根拠」という点で押し切るのだろうが、何故大人と高齢者が感染しないのか・・・・。 
 
 私自身は、転んだら自分の力で立ち上がりたい主義で、立ち上がれない人生は好まないので接種はしない。

 世の中の情報に振り回されず、是非自分の意見で判断してほしいものだ。

 
virus_influenza.gif 
posted by 青山整体GEN流院 at 22:42| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年末ジャンボ宝くじ

 今年も恒例の年末ジャンボ宝くじが発売されているそうだ。

 しかも、当たり本数と総額が多く設定されているらしく、私の周りでも購入したという人が多くいる。

 こういった話になると、いつも登場する会話は「もし1等が当たったら何に使う?」である。

 実のところ、私はこの質問に今まで自信を持って答えられたことはなかった。

 というのも、使い道といえばなんとなく思い浮かぶものは「マンション購入」「新たな設備拡張」「一部募金」「親孝行」等であった。

 ところが今日朝に、とある光景を見て宝くじの使い方を明確に「しっくりくる」ものが見つかったのだった。

 その光景とは、電車に乗っていたときに、座席に一人老婆が座っていたのだった。
 その老婆は沢山袋を抱え、身なりは「ボロボロ」俗に言うホームレスだと思われる。

 こういった光景は、都内ではたまに見ることだが、今日はいつもとは違った。日曜日ということもあり、電車が空いていたせいか、その女性の周りから見事に人が去ってゆく。

 次の駅で沢山人が乗ってきた。しかし、皆その老婆を見て、自分の気持ちを害しない距離まで散ってゆく。先ほどまで向かえに座っていた人までもそれをみて。

 辺りに人がいなくなったとき、おもむろにその老婆は、ぐしゃぐしゃのビニール袋から、かじりかけのおにぎりを出して一口。そしてまたしまう。

 私は、この老婆に出来ることが、恥ずかしながら何も思い浮かばなかった。
 「カゼを引かない様にね」と声をかけるのも違う気がするし、おもむろに「現金を差し出す」のもなんの解決にもならないだろう。
  
 一体自分になにが出来るのか?
 
 そう考えたときに、こういった人達に、自分が平均よりも長けたものを提供すべきだ。と思ったのだ。

 例えば、70人しか当たることの出来ない宝くじの1等。それを買い当てる運は、間違いなく人より長けている。ならば1等のそれを有効活用してやればよい。

 「怠けたのだからそういった生活になっても仕方がない」という人もいる。確かにその言葉自体に間違えはないだろう。しかし、本当に「ど」が付くほど社会的に不器用な人もいるのだ。 

 末端を完璧にフォローの出来ない現状の政治は、どんな政策を採ろうとも、その場しのぎに他ならない。

 よく、上層のトップや国の中枢が儲かれば、必然的に下が引っ張り上げられると豪語するジャーナリストもいる。

 しかし、私の見解ではそれはない。

 何故ならば、身体を調整してみればすぐにわかる。足の骨(末端)が1ミリずれていて、それを正すと中枢が大きく変化する。しかし、中枢を正しても、末端のずれは全て完璧に解消はしない。しかも、中枢のずれなど0.3ミリあれば大きな方だ。だから、それを正すには沢山の労力が必要であるし、一筋縄にはいかない。
 しかも、その末端を放っておけば、再び中枢を捻じ曲げる原因となる。

 そして皆こう言う。

 「病気が見つかった。病院で対処療法を受ける。」と。

 
posted by 青山整体GEN流院 at 21:31| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰りました

 私が軽井沢方面へ出張するときは、何かと円高が進む傾向があるようだ。つい先日も1j84円台に一時突入した。

 これは、実質金利がドルよりもゼロ金利の日本の方が高いため、今更ドルを買う必要性がないことも大きな一因である。

***実質金利***
 例えばインフレによるつまりは物価の変動が5%とだとしたら、0%のときには100万円だったものが105万円となる。だから金利が5%であっても、実質の金利はゼロ。
 体で例えれば、健康に良いことをしたが、その分同じだけ悪いことをしたのと同じ。もともと健康ならば良いのだが、現状は不健康(経済も)なわけで、+−0ならば回復したとしても、その見込み期間が長くなる。
**********

 それに、ドバイのバブル崩壊説も世界経済を考えると影響力は大きい。
 ドバイは基本的に、借金を返済できなければ犯罪者となってしまうわけで、いまだに古典的な「むち打ちの刑」も存在するそうだ。

 だから当然国外逃亡をはかる。

 ドバイの空港には置き去られた高級車が沢山あると聞くが、これは国外つまり逃亡者の車。

 日本の大手建設会社も進出しているが、一体どうなるのだろうか。

 いづれにしても、アメリカの利上げを見るまでは、ドルにとっては苦しい展開が続くと思う。

ちなみに、個人的な意見だが、アメリカの次の金融リスクは欧州、英国ではないだろうか?実情はかなり深刻だと思う。


r.jpg

 
posted by 青山整体GEN流院 at 10:25| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

明日から出張

 明日から軽井沢方面へ出張へ行くので、日記の更新と恵比寿は28日までお休みです。

 11月も終盤。冬支度も進む中、そろそろ年賀状の用意をしなければ。
 
posted by 青山整体GEN流院 at 16:44| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

再びボジョレー


CIMG1939.JPG






























 ワインに興味がない人には申し訳ない。

 今日は一般的なスーパーで売っていた2009ボジョレー。

 普通はスーパーでは買うことはしないが、行きつけのワイン屋さんが「例年にない早さでボジョレーが完売した」との事だった。

 今年のボジョレーはお得な美味しさだから当然だろう。

 2件スーパーを見に行ったが、やはり在庫薄で都内はどこも完売状態のようだ。

 私の場合1瓶は1日で飲み切る(開けたら保存なんて姑息な事はしない)修正があるので、なんだ箱で買っておけばよかったと今更に。

posted by 青山整体GEN流院 at 20:46| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バカバカしいものは目で見るな

 今日、実に馬鹿らしく製作費用も全く必要としないであろう漫画を見ていたら、人間に必要かつ重要な事が描かれていたのでここで紹介させて頂くことにした。

 内容はなんてことのない、ケンカの弱い登場人物が、不良グループにカツアゲされそうになったところ、通りすがりの一人のお年寄りが、カンフーの達人で不良グループをやつけてしまうのだ。
 
 その後、ケンカの弱い登場人物は、お決まりのパターンでお年寄りにカンフーを教えてほしいとお願し、弟子入りする。

 登場人物はつまらない修行をさせられて「いい加減カンフーを教えてほしい」と怒るのだ。

 するとお年寄りのカンフー達人が「ならばその岩を拳で貫いてみろ」というのだ。やり方は「心で己のこぶしは鋼鉄の様に硬く、岩は作り物の様に柔らかい」と思えば出来る」それだけだ。

 結論はそれだけでできてしまうのだが、その後カンフー達人のお年寄りは「全ては己の心が決める」と捨て台詞を言うのだ。

 そして最初にカツアゲされそうになった人達にまた出会い、今度はと思ったが、やはりビビってボコボコにされてのびてしまうと、目を覚ます様に、不良グル−プに酒をかけられてしまう。

 「あれ?もにかしてこの流れは」と思っていたら案の定。期待を裏切らない番組構成で、酔拳で不良グループをやつけてしまう。

 普通に見れば、救いようのないパクリ漫画で、つまらないのだが「私は意外になる程」と思ってしまったのだ。

 というのも、最近私は自分の精神をコントロールして、5分位で左右の手のどちらでも、意識した方の表面温度をおおよそ5℃くらいは簡単に変えられることに気が付き始めた。だから右手だけ温かくして、左手だけ冷たくすることもできる。
 
 うまくやれば、感覚をなくすことも可能だ。

 これはすなわち、カンフーの話と同じく、詳細説明を大幅にカットすれば「冷たくなると思えばなる」のだ。

 だから、作者がそこまで知ってか知らずか不明だが、まぎれもなく我々が本来は持っているが忘れてしまった「能力」を描いていたのだ。

 確かに、信じる信じないと賛否両論はあるだろうが、私は簡単に温度差を作れるので「論の言葉遊び」などつまらない。
 別に私が特殊身体を持っているわけではないから、誰にでも出来ることだ。

 あえて言えば、頭で考えて「論」から入るならば、きっと数百倍は遠回りになるだろう。
posted by 青山整体GEN流院 at 01:49| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

飲み過ぎ

 ここのところワインを飲みすぎて、肝臓と膵臓が硬くなっている事を実感する。

 そんな時はいつもそうなのだが、自らを施術するために思考錯誤を繰り返す。

 そうやって意外な発見を新たにするのだが、時々人には見られたくない格好をしていることに気が付く。

 
 よく皆さんから「ここを良くするために、自分でやる方法はありますか?」と聞かれるのだが、正直な答えは「あるといえばあるが、伝わらないと思う」という前置詞を省略して「ここを伸ばせばよいのでは」という答えに至るのだ。

 だから、間違った答えではないだろうが、本音と照らし合わせると不足はしているだろう。


 大概、自己施術をしているところを一瞬でも目撃されると「何してるの?」という奇怪なまなざしを浴びせられるものだ。

posted by 青山整体GEN流院 at 14:31| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

ボジョレー2009


CIMG1937.JPG





























CIMG1936.JPG
























 



 本日は日本のボジョレーヌーボの解禁日。今年の葡萄の出来が試されます。

 「50年ぶりの傑作」ともいわれる前評判通り、今年のボジョレーはなかなかよろしい。

 味に深みがあり、ボジョレーには通常にはない重さを感じる。

 私のラベルスブック(自作でシール剥がしを使い、個人的な感想を書いたスクラップブックとしている)
に仲間入りだ。

 今年は、変わった「ペットボトル入り」ボジョレーが販売されているが、確かに見慣れない。これはシーズン品であるから、長期保存を前提としていない為、ペットボトルでも可能としたわけだが、すかさず南麻布にあるフランス大使公邸で「伝統と品質保持」の点で、ペットボトルワイン禁止案が浮上している。

 フランスらしい「伝統」であるから大切にした方が良いと思う。いまや日本には少なくなった考え方かも知れないが。
  

 実は既に1本空けてしまったが、2,000円クラス付近のボジョレーならば、十分ワインの醍醐味を味わえるだろう。

 私の生きているうちに、再びこのような出来の葡萄に出会えるだろうか?
posted by 青山整体GEN流院 at 23:36 | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。