2012年12月31日

2013年 新年

rps20130101_000952_494.jpg

皆さん新年あけましておめでとうございます。


今年はやるぞ〜!!




posted by 青山整体GEN流院 at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年最後のブログ更新です

超個人的な内容ですが、ご了承下さい。

今年は、沢山動きがある年でした。札幌のオフィ スも表参道のオフィスも、一気に両方動いてしま うという、誰が見ても無謀な事をやった年。

でも人間って不思議ですね。

だってあれだけの不安や悩みがあったのに、今と なって「あれは去年?」くらいに思えてしまいま す。

まさに「喉元過ぎればなんとか」ってやつですね 。

ある意味、今年は「自分の度胸」を試される年で した。

失敗を怖れて、中途半端な失敗だけはしたくない 。ただそれだけで、何となく度胸がつき、吹っ切 れた感じがありました(フッ切れすぎという声も ありますが)。

どうせ悩んだり失敗するなら「あっぱれ」って、 後々笑える方が無駄もなく、特ですもんね。

そんなこんなで、本当に皆様方にはご心配とご迷 惑をお掛けしました。

こんな私でも、沢山の方々からの変わらぬご支持 と、新たな出逢いがありますのは、一重に皆さま 方の寛大な「心」によるものに他ありません。

2013年も簡単なチャレンジよりも、未知へのチ ャレンジをし、あっぱれな1年に出来るよう、皆 さんの監視?のもとに頑張ります。

本当に皆さん、今年一年ありがとうございました 。

あと、残すところ53分。

良いお年をお迎え下さい。










posted by 青山整体GEN流院 at 22:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットボトル症候群

先日のニュースで、女性の病気になる原因に、糖分を摂りすぎる「ペットボトル症候群」が隠れ割合になっているのではないかとの記事があった。


そんななか、ちょうど通勤中の電車にいた「20歳代後半の男性二人の会話」がとても気になった。


何故気になったかと言えば、彼らの会話の流れを聞いていると、30秒間に「イラッとする」という単語が6回も聞こえて来たからだ。


最後の方は、もう「イラっとしたからイラっとする」と言ったのではなくて「イラっとする」を言いたいがためにの話になっている様に聞こえた。


これって、多分ペットボトル症候群と同じように、単に「そうすることによる快楽or満足感」を欲しがっているだけに思えるのだ。


ペットボトル症候群の場合は「喉が渇いた」とか「水分を補給する」「口直し」といった意味合いで飲むのではなくて「飲まなくては何だか物足りない」という欲求から起こっている。


それを考えると、携帯電話やスマホも同じ。

ちょっとでも肌身からスマホが無くなると、何だか気になって仕方がないし、電車待ち等で暇な時間が出来ると、みんな画面に集中しはじめる。


基本的に、別物のような観点で「ペットボトル症候群」を記事にしていたが、全ては一緒「クセになる」という人間の行動習性こそが、人間の「症候群」の特徴である。


昔は「クセになりそう」とか「クセになる味」とか、「やめられない止まらないカ○ビー○ッパ○エビせん」とか、露骨なフレーズを使ってCMをしていたが、そういった意味では昔も今も人間の習性に変わりはないのだろう。


よって、目新しい事でもなんでもない症候群だ。











表参道整体GEN流院
TEL 03-6804-3632






posted by 青山整体GEN流院 at 18:27| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

首が痛くて

最近は「寝違いの流行り」が少し沈静化してきたものの、まだまだ首痛は多い様子。

そのほとんどが、首そのものがおかしいわけではなく、補正作用によって痛みを出しているから、首そのものを施術すらしない。

おかしく思うかもしれないが、火事で火災報知器だけストップさせても、不快な音は消えるものの、燃焼物に水を欠けなくては全焼してしまう。

だから、根源を見つけ、そこを施術して、最後の最後に火災報知器のスイッチを「パチリ」と切るだけ。


最初から、痛みのある部位を施術するのは、まだ見ぬ本体そのものを煙に巻いてしまうようなものだ。









首痛、寝違い、肩こり、四十肩・五十肩は
青山整体GEN流院
TEL 03-6804-3632








posted by 青山整体GEN流院 at 13:53| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

歳差運動にあわせて

IMGP9378.JPG


昨日見れなかった表参道の日の出を見に来たんです。

が、しかし、またもや「くもり」でした。(昨日は☂)


どうしてここまで日の出こだわるかと言うと、この時期の表参道は特別なのです。

冬至の時期は、太陽が一番元気の無い時期で、この太陽が元気を増す復活の原動力に、明治神宮を利用します。

写真のように、青山側から日が登って、表参道に光が走ります。

それがちょうど明治神宮にぶつかるように設定されていて、まさに「表参道の存在意義」がここにあります。


それだけではありません。今年は「マヤ暦」の終わりということで、占星学的にも特別な歳。

地球は公転をしていますよね。その公転の影響で軸が多少ブレて円運動をを行なっています。

これを歳差運動と言います。↓

Earth_precession.jpg

この一周に費やす年月が25776年!

そして、今年の2012年12月22日がちょうど、この回りの終わり(新しくまた回転しますが)だと言われています。

マヤ暦カレンダーが終わりになっている日ですよね。

多分、どうやってい調べていたのか(個人的には知っていたと思う)は不明ですが、マヤ文明では、天体観測能力が驚異的に優れていたのでしょう。

ちなみに、マヤ文明では「人類滅亡説」なんて言ってません。勝手に現代人が言い始めただけですね。

マヤが言っているのは、新しい時代の幕開けであるということ。


さて、話は表参道に戻りますが、このタイミングを見逃すと、今度は25776年待たなければならないので、地球がまた長旅をする記念すべき日のスタートとして、新しい太陽を神聖に扱う表参道へ見に来ていたのです。

曇っていたいのは残念ですが、雲の裏にはしっかり太陽が登っていますから、心の目で見てきました。

さぁ、新たな時代の転換点。

スタートです!








原宿肩こり・表参道肩こり・青山肩こり
青山整体GEN流院
TEL 03-6804-3632

posted by 青山整体GEN流院 at 09:13| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

ヒーリング能力

いつも怪しい施術をする訳ではないが、ときより理解不能な動きをすることもある。

これは、自分の中にも確かに手応えはあるのだが、その人(受け手)の体が明らかに変わる瞬間がある。

そういったときは、そのチャンスを逃したくないので、瞬間的に怪しい施術と化すことがある。


結論からいうと、実態に反映した、現実的な施術でもあるのだが、どうも非現実的な事をやっているように見えるらしい。

医学信仰の強い方には敬遠されがち。

やることはとてもユニークなもので、受け手の身体から数十センチ離れた空間を操作する。

確かに触覚があるし、バチバチと手に跳ね返る領域がある。


私自身も、そういったモードに頭がシフトしていない状態では、バカバカしく思えて笑えてしまうから、今これをここで暴露するのも非常に恥ずかしい感がある。










原因不明の体調不良・どこに行っても無理だった症例は
表参道ヒルズすぐの
青山整体GEN流院
TEL 03-6804-3632


posted by 青山整体GEN流院 at 12:39| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

ココロは大事

「今更何を言うか」と言われそうだが、ここで言うのは実態の見えない心ではなくて、心臓のことである。


心臓は心理的働きと非常に密接関係を持っている。

だから、心が身体を圧倒すると「ドキドキ」したり「ドキッ」としたりする。

実際に脈拍が上がり、それに引き連れて呼吸数も増加し、実際に観察できる「心・臓」の作用なのだ。


ここで「いつドキドキしたか」なんていう酷な質問はしないが、心臓の動きや鼓動を感じるだけで、全身の自律神経の活動が整うこともしばしば私は観察している。


心臓に意識のない術者は、心のない術者同然であって、意外と大事なことなのに知らない同業者が多い。







表参道駅徒歩1分50秒、表参道ヒルズすぐ
青山整体GEN流院
TEL 03-6804-3632





posted by 青山整体GEN流院 at 12:37| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

明日から出張


度々皆さんにはご迷惑をおかけしますが、札幌から帰ってきたと思ったら、今度は明日から軽井沢方面へ出張へ出掛けます。


通常通りの電話番号で、勝手に転送されますので、ご予約の方は気兼ねなくお電話ください。





TEL 03-6804-3632
青山整体GEN流院
頭痛・肩こり・生理痛



posted by 青山整体GEN流院 at 19:08| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食べ方にビックリ

先日、北海道から東京まで飛行機に乗っていたら、横に見える3人掛けの座席(私は窓側で2人シートに座っていた)に、30歳前後の女性が2人座っていた。お友達or姉妹だと思う。

やがて、機内で飲み物が運ばれて来ると、彼女たちはお茶を一気に飲み干し、反対座席にいる私の飲み物を注いでいる最中に「おかわり」をする。

まぁ喉が渇いていたなら仕方がない事かもしれない。


そうこうしていると、彼女らの座席足元から何やらお菓子がドーン!

まあ、それもお腹が空いているのなら致し方ない。


で、お菓子かと思っていた箱から出て来たのは「ロールケーキ!」しかも一本ものです。

隣のお友達?さんに半分むしって「食べる?」「うん食べる」というやり取り。


次の瞬間!大口でかぶりついた!

ものの1分で完食なり。


凄いなと思っていたら、そんなもんじゃ終わりません。座席足元が「ドラえもんのポケット」のごとく、次に出てきたのは「シュークリーム」。勿論お友達も食べる。

2個つづ分けで。


ここまで来ると、お腹が空いているというレベルでは無くなって来た感が漂ってくる。


ちょうどそのときに、客室乗務員が再び通りかかり、「すみません、お茶ください」とお代わり。


さて、次にドラえもんのポケットから出てきたのは、北海道銘菓「六花亭のバターサンド」。驚いたのは、あのサンドを約一口で頬張るところ。

いや、あそこまで行くと「ほおむる」だ。


北海道銘菓が可哀想なことになっているではないか。


「味わえ!いや地元民として味わってください!」


で、またまたお茶のお代わりを飲み干して、最後にトイレへ。


そうして、トイレから帰ってきた彼女が言った一言に、私の笑のスイッチが全開ON!!


女の子「うち、肩凝りなんだけど。」

私「ププッ(笑)・・ププププッ(笑)・・・プププッ(笑)」

もうどうやっても止まらない私の笑い。



どうして笑ってしまったのかと言うと、胃や肝臓が疲労を起こすと、人は肩凝りを起こすものだからだ。


私の心の中では「うち、肩凝りなんだけど」の瞬間に「それ、当たり前だよ!」と突っ込んでしまったのだった。


一人で笑っていたら変な人なので、窓側を見て誤魔化していると、その笑いを耐えている私の顔が窓に写って、なんだか余計に笑いが止まらない。


「おたくらのからだは正直に反応しているんだよ」と思うと、そんな事でも笑いがこみ上げてくる。


もう、何でも面白い。


確かに、体も肉付きも0.1トンに近いから、歩い意味それも正直な反応か。


「ププッ!!」










posted by 青山整体GEN流院 at 19:04| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

寝違え警報

ここ二週間は、酷い「寝違え」でいらっしゃるかたが非常に多い。

ちょっとでもおかしいと思ったら、無理に自己判断で運動などは行わず。専門家に一度ご相談された方が、結果的に治りは速いだろう。

当院でもよいが、余りにも激痛の場合には、首を曲げて電車に揺られるのも何だから、信頼のおける近くの術者に委ねるのもよいだろう。


今週は4人程、首を曲げて表参道の人混みをかき分けてきた。




青山肩こり・寝違えは
青山整体GEN流院 まで

TEL 03‐6804‐3632




posted by 青山整体GEN流院 at 23:12| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。