2013年03月15日

何が何でも

t-time_tl-kanji-ka-gamusyara-tate.jpg


人間、どうしても成し遂げたことってあるはず。


そういう時は、ある程度の追い込みをかけなくては成し遂げられない場合が多い。




だからこそ知っていて欲しいのは、精神と肉体との関係。





「何が何でも」というのは、マインドレベルで考えることであって、決して体が自発的に欲求しているものではない。



ならば、これによって無理を強いられた体はどうなるのか?





「欲求をさえぎった分だけ消化されないエネルギーを体内に蓄積する」





それが結果的に、身体の弱化となって、我慢をしたところに痛みやしびれ等の不快感を生ずるようになる。






この副作用をできるだけ少なく留める方法がある。






それは「何が何でも」と張り切っているときに、呼吸をしっかりする事。





私の少ない経験ではあるが、呼吸がしっかり出来ている人ほど、平然と大きなビジネスをやって退ける人物だ。



だから、その人の器を図る効率的な方法は、呼吸のしかたを見ればよいのかもしれない。





そんなに難しいことではないはずだ。ただ精神が折れないように、肉体に呼吸をプレゼントするだけ。






バカバカしいと思われるだろうが、短期ではなく中長期では「呼吸の力は凄い!」と思っていただけるはずだ。





但し、注意点として、口呼吸はいけない。楽な呼吸方法は、大事な刺激を受けないまさに「からっぽな呼吸」となる。







「呼吸を変えれば人生が変わる」というと、大げさに聞こえるかも知れない。



但し、大げさに思う人は、やったことの無い人だけだという事は断言しておく。









原宿、表参道にある整体院
青山整体GEN流院
TEL03-6804-3632









posted by 青山整体GEN流院 at 16:49| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。