2013年03月20日

進むか停まるか

人生いろんな生き方があると思う。


だけど、私が思うに人生は自分で選択して進んだり停まったり、またはリメイクすることが可能だと思う。


これを、アクセルとブレーキだとしたなら、他にもニュートラルがあっていいだろう。

車のように、ただエンジンのアイドリングを観察すれば、今人生で置かれた状態を把握できる。


私はいつも軽井沢あたりの森林を歩いているときはニュートラルだ。

だから、新しい事を思い浮かぶし、それに肩入れもしない観察ができていると思う。


やると決めればアクセルを踏むタイミングを考えるし、停まると決めれば一旦ブレーキを踏んで減速しながら考える。


リメイクする時は、自分を変えなければならない。この作業はとても大変だから、大概自分の欠点と向き合わなければならなくなる。


ちなみに今、私は自分の欠点と向き合っている。たぶんそれが私の人生にブレーキを掛けて、ちっとも成長しない原因だ。

わかっている。


しかし、森林の中を一時間、歩く道のりを全く計算もせずに、スマホでショパンを聴いていたら、何となく突破口が見えてきた。


やっぱり進んだり停まったりする以外の人生は必要だった。大きな流れを見失わないで感じる事。そして人生のトレンドを読んでアクセルを踏む事。


なんだ、結局進むんじゃないか。


そうやって、いつも自分の運に対して「どうだ?これでも私を支えられるか!いや支えてみろ!」と、試すかのように、今まで生きてきた。



そんな想いに更けていたら、帰り道が分からなくなることもしばしば。何せ、どこをどうやって歩いて来たのか記憶が曖昧なのだ。


私はこれを「自由散歩」と呼んでいる。


仮に何にもない砂漠があったならそれが一番いい。何を目指すでもなくウロウロするだけ。右に行ってまた戻ったり、円状に歩いたり、またある時は永遠に解決するまで真っ直ぐ進んだり。


全ては私がその時に考えている事について、勝手に動く方向に従う。


「自己解決運動」とでも名付けようか。


私の知っている限り、この手法を語った日本の文献は無い。


だから、これを紹介するのは、日本では私が最初だと思う。













































posted by 青山整体GEN流院 at 01:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。