2013年04月10日

尻尾を振れるか?

images (4).jpg



少々藪から棒な質問ではあるが、あなたのしっぽは動かすことが出来るか?


実は、人間の尻尾、つまり尾骨はとても柔軟的に動くことができる。

その動きは、背骨の他とは明らかに異質に思える程の柔軟性だ。


尻尾といえば、動物ばかりが振るものだと考えられがちだが、我々人間も振ることができる。



尾骨はヤジロベーで置き換えれば、丁度中心を取るところ。



だからこそ、そこがズレて固定化されてしまっているのは、全身にとって致命的である。

具体的には、尾骨は脳の緊張度合いを直接反映させているため、ここの固定化は即ち脳の血流を明らかにうっ滞させる。


他にも面白い現象がある。

尾骨が硬い方は、うつ傾向になりやすいという持論を発見した。



犬で考えればそれは分かりやすいことだろう。


嬉しいときや喜んでいるとき(脳が興奮)に、犬は尻尾を無意識的に振る。

つまり、興奮がない=脳の働きが単調である。


ということになる。



あと、面白いことに、尾骨だけの施術でも、呼吸は深く大きくなるし、背骨全体の柔軟性は恐ろしく増す。



客観的に考えても、ハムスターでも無駄なようで無駄ではない尻尾が存在する。そして、水中生物であってもそれは同じ。


ならば、重要な働きがあると考える方が、極々自然な発想なのではないだろうか?



ちなみに、最初の質問。

「尻尾を振ることができるか?」についてだが、実際はブンブンと振れはしない。

しかし、それを振る様な頭の使い方をしてみると、体の構造もかなりの部分で整列されるのだ。


実に面白い体の反応だ。















赤坂、六本木にも便利な表参道駅すぐ近く
青山整体GEN流院
TEL03-6804-3632





posted by 青山整体GEN流院 at 15:13| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。