2013年04月15日

考え方は体の型

ここでは常常、体と思考との関連性を述べてきたと思うが、体の癖についていろいろと調べると面白いことがわかる。


「癖」と一言でいっても、考え方の癖や行動の癖、動きの癖など沢山思い浮かぶと思うが、全ては「体の癖」と「傾向」という意味合いで分類ができる。


私の知っている中で、日本人でそれを言い始めたのは、野口整体の創始者でもある故野口晴哉先生が、体癖といって研究をなさっていた。


彼は、私の生まれる前にはもうこの世にはおられなかったので、実際にどのような考え方だったのか、文献でしか知ることはできないが、やはり、体の癖には特別な注意をはらっているようだ。




なぜ考え方や、性格の癖で、体の癖が決定してしまうのかは、実際のところ分からないことばかりである。


しかし、こう考えれば、いたってシンプルな関連性を見いだせる。



例えば、顔の表情ひとつでも、痛ければ決まって顔面の筋肉は収縮させるし、耐えるような格好をする。つまり、痛みのみならず、外部からの刺激に対して脳がどのように反応するかは、そう多くの分類はないのだ。


つまり「その人の精神状態がどこに偏っているのか」によって、脳の反応は予測がつき、体は特徴的な無意識的格好を取るのだと思う。


地面が斜めの上に生活をしていれば、果たしてどこが水平なのか分からなくなるのと同じく、人間は自分の体に癖があり、それがどうやって曲がっているのかには気がつかない。


そうやって、一定の年月が経過すると、骨格は変形をはじめ、健気にもその人の精神癖に適応を見せる。




だから、ひとつの物事に対して意見を持つということは「私の体はこういう曲がり方の癖がある」と言っているの同じことでもある。



以上のことを注意して、討論番組を見ると、違った番組にも見えてくることがある。















表参道ヒルズから徒歩2分の整体院
青山整体GEN流院
TEl03-6804-3632





posted by 青山整体GEN流院 at 14:07| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。