2015年01月29日

手法論と中身

いろいろな整体方法や、治療方法があって然るべきだと思うが、概ね選択する方側の皆さんにとっては、それが効くか効かないかで判断したいものだろう。

よって、何をするかという手法論に着目するものだ。

とある方法は、○○を正せば全部が整うという主張をし、またとある方法では、筋肉から骨から全身を正せば整う主張をする。

しかし、物事の根本をみれば、全ては手法論が問題なのではなくて、肝心なのは中身であることに気がつく。

だいたいどんな方法であっても、提供する側がどこまで深く追求して感じられるのかに全てがかかっている。

見た目が整ったのか、動きが整ったのか、全身と調和をしたのか、神経機能が整ったのか、更にそれよりも深い動きが整ったのか。

見える領域しか正せない人でも、おおよそインターネットで写真か何かを載せればいいことになる。

だが、肝心なのはその更に奥の部分。

例えていえば、ひとつの物を1メーター定規で測る人、30センチ定規で測る人、5センチ定規で測る人、1ミリ定規で測る人との違いみたいなものだ。

それぞれで見ている領域も違うだろう。

極論でいえば、1ミリ定規でコンマまで正確に図れる人は、1メーター定規でも確実に測れる。その逆はといえば「中には測れる人もいるかもしれない」程度だろう。

また、それぞれの目線で器用に測れる人もいる。

結局のところ、手法とはそれ程重要ではなく、やる側がどこまで見えているかどうかに尽きる。





posted by 青山整体GEN流院 at 14:13| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。