2013年05月22日

足の長さの違い

よく頂く質問で「足の長さが左右対称ではないから治して欲しい」というのがある。


日本語というのは難しくて、その殆どが足の長さにそれほど左右差はない。

では、目の錯覚か?


いや、確かに「そう見える」かもしれない。


その理由は、足の骨が骨折や手術、奇形などによる物理的な左右差でない限りは、片方の骨だけが、そうそう長くなったり短くなったりする事はない。


殆どの場合は、骨盤の位置異常による「関節部分」の問題だ。

だから、骨盤が傾いたり、捻れたりした結果「非対称に見える」のである。


普通の整体やカイロでは、この辺までの分析力で施術にあたるが、今回は特別更に深く話しを進める。


そもそもある程度の技術と診断力を持てば分かることだが、骨盤は結果的に傾いたり捻れたりする事が殆どであって、主たる原因にはなりにくい。だから、主たる原因になるまでは無意味な施術場所となる。

まるで、体の圧力調節をするベントのような役割に似ていて、全身のどこに位置異常が生じても、骨盤は厳密には傾いたり捻れたりする。


そして更に極一部の術者は、話しを掘り下げる事ができる。


最終的には、左右の足の長さはミリの世界では、ピッタリ合わない。

そして、何も施術をしていない状態で、骨盤が傾いたり捻れたりしている方は、体が比較的元気な状態にあるという事だ。


つまり、脳に十分な栄養分や酸素が送られている状態でないと、骨盤は傾いたり捻れたりもハッキリ出来ない。


初心者の術者は、骨盤と足の長さに一喜一憂し、中級の術者は、骨盤や足の長さをさほど気にはしない。

そして、上級の術者は、骨盤と足の長さによって、どの辺りに異常が出ているか、または頭蓋骨の状態まで把握ができる。


やはりというべきか、見えない部分が手に取るように分かるのが上級者になる適性なのかも知れない。

世間で「骨盤調節」「骨盤矯正」と沢山目にするが、果たしてどのレベルの事を言っているのかが分からない所でもある。



















posted by 青山整体GEN流院 at 23:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

進むか停まるか

人生いろんな生き方があると思う。


だけど、私が思うに人生は自分で選択して進んだり停まったり、またはリメイクすることが可能だと思う。


これを、アクセルとブレーキだとしたなら、他にもニュートラルがあっていいだろう。

車のように、ただエンジンのアイドリングを観察すれば、今人生で置かれた状態を把握できる。


私はいつも軽井沢あたりの森林を歩いているときはニュートラルだ。

だから、新しい事を思い浮かぶし、それに肩入れもしない観察ができていると思う。


やると決めればアクセルを踏むタイミングを考えるし、停まると決めれば一旦ブレーキを踏んで減速しながら考える。


リメイクする時は、自分を変えなければならない。この作業はとても大変だから、大概自分の欠点と向き合わなければならなくなる。


ちなみに今、私は自分の欠点と向き合っている。たぶんそれが私の人生にブレーキを掛けて、ちっとも成長しない原因だ。

わかっている。


しかし、森林の中を一時間、歩く道のりを全く計算もせずに、スマホでショパンを聴いていたら、何となく突破口が見えてきた。


やっぱり進んだり停まったりする以外の人生は必要だった。大きな流れを見失わないで感じる事。そして人生のトレンドを読んでアクセルを踏む事。


なんだ、結局進むんじゃないか。


そうやって、いつも自分の運に対して「どうだ?これでも私を支えられるか!いや支えてみろ!」と、試すかのように、今まで生きてきた。



そんな想いに更けていたら、帰り道が分からなくなることもしばしば。何せ、どこをどうやって歩いて来たのか記憶が曖昧なのだ。


私はこれを「自由散歩」と呼んでいる。


仮に何にもない砂漠があったならそれが一番いい。何を目指すでもなくウロウロするだけ。右に行ってまた戻ったり、円状に歩いたり、またある時は永遠に解決するまで真っ直ぐ進んだり。


全ては私がその時に考えている事について、勝手に動く方向に従う。


「自己解決運動」とでも名付けようか。


私の知っている限り、この手法を語った日本の文献は無い。


だから、これを紹介するのは、日本では私が最初だと思う。













































posted by 青山整体GEN流院 at 01:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

出張です

今日から軽井沢方面に出張です。

青山はお休みになります。


電話は転送されますので繋がります。















posted by 青山整体GEN流院 at 09:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

インフルエンザの時期なので

IMAG0964.jpg



さてと。今日の仕事も終わったし、室内の消毒をして帰ります。


特に、人が出入りをする所ですから、皆さんのインフルエンザの感染拡大リスクを防ぐためにも。



posted by 青山整体GEN流院 at 20:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

膝が氷っています

IMAG0957.jpg


池の表面が氷っています。


寒いので少しランニングをしました。


先日はお酒を飲んだので、右足の特に膝が不調なようです。


後で治さねば。


posted by 青山整体GEN流院 at 09:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

コーレス骨折とスミス骨折

都心部でも雪が降りやすい今年の冬。

転んで手をついて骨折をしてしまう件数も、恐らく多いのではないだろうか?  

お年寄りの特に女性は注意。

手首の骨折は、題名にあるように「コーレス骨折」と「スミス骨折」の大きく2つに別れている。

一般的には知る必要もないだろうが、前者のコーレス骨折は、転んで手のひらを着いて、手首(正確には腕の骨の手首寄り)が骨折してしまう事象の事で、後者のスミス骨折は逆に、手の甲側に着いて手首が骨折をするケースの事を言う。

だったら「手首の骨折」でよくない?と言われそうだが、態々名前が付く程の多い事象なので、要するにこの時期はご注意を。




 










原宿肩こりは
青山整体GEN流院
TEL 03-6804-3632



posted by 青山整体GEN流院 at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変えること

腰が痛い。治したいけど治らない。

こういった人達に必要な事は、体を変えて考え方を変えること。

そうやって、なかなか治らない体を通して、自分の精神の頑固さを知ることから始める。

新しく気が付く事に恐れを持つ。これが防御反射として症状を固定化させるのだ。

難しいことではない。

体はいつも解放されることを望んでいる。

時には手助けが必要かも知れないが、先ずは固定観念を取っ払うことから開始しなくてはならない。

頭の使い方と体の使い方は、いつも比例しているという事を忘れてはならない。

芝居や演技、楽器の演奏、歌う声。

こういった専門分野で熟練されている方々には、特に私の言っている意味がよくよくお分かりになられると思う。


















原宿肩こりは
青山整体GEN流院
TEL 03-6804-3632


posted by 青山整体GEN流院 at 18:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

こんなポスター作りました

rps20130111_210012_649.jpg

「月に1度は身体のメンテナンス」というポスター。


特別なことではありませんが、症状は身体状態の結果であって、過程を放置することで起こります。


可能な限り、途中経過でくい止めましょう。














原宿、表参道にある整体院
青山整体GEN流院
TEL 03-6804-3632






posted by 青山整体GEN流院 at 20:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

ご自由にお飲みください

IMAG0808.jpg



とうもろこしのひげ茶。


オフィスにポットと一緒に置いてありますので、ご自由にお飲下さい。


Vラインの顔になるかどうかは不明。







原宿、表参道にある整体
青山整体GEN流院
TEL03-6804-3632




posted by 青山整体GEN流院 at 13:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

お正月明けは・・・

正月休みのように、ある一定の環境に浸り続けると、体はそれに慣れ、再び元の生活環境へはシフトしずらい。

そういった場合、特に起こりがちなのが、体の不調。

他人には、仕事や学校を嫌がる「仮病」のように思われてしまうかもしれない。

体にはある一定の伸縮性が存在する。それは、ゴムのようにかなり伸びる人から、タコ糸のような延びにくい人まで様々だが、この個性は主に、水中生物であった胎児のときに決定される。

そのあと、陸上生物として生き抜くことで、大元の決定された歪曲に加え、重力負荷がさらなる二次的歪曲となって付け加わり、水中と陸上のツジツマを合わせようとするのだ。

歪曲が増える毎に、体は伸びにくくなり、ひいては身体適応力を損なう。そうなれば、ちょっとした変化で体を壊す。

ゴム人形とプラモデル人形との差なのだ。


よって、お正月休みのみならず、慣れ環境からの変化に直ぐ適応できるかどうかは、陸上での重力負荷による歪みがキーポイントになるのだ。














体の歪みを体に触らず瞬時に整える
表参道整体GEN流院








posted by 青山整体GEN流院 at 12:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。